【おやこで物理!】「素粒子」の巻

作:中井たかし

父ちゃん/物理に少し詳しい営業マン。子煩悩。

太郎/好奇心旺盛な小学三年生。野球が大好き。

「父ちゃん、『素粒子』って何?」

「原子というのは知っているだろ」

「うん。ものをつくっている小さな粒でしょ」

「そう。その原子の中心にあるのが原子核で、それは陽子と中性子からできている。
そして、その陽子と中性子をつくっているのが素粒子なんだ。
つまり、物質をつくっている一番小さいもののことなんだ。
大きさは一ミリメートルの一兆分の一の、さらに一万分の一未満ぐらいって言われているんだよ」

「うへー。とんでもなく小さいんだね」

「そうだよ。ん? おいおい、虫めがねを持ち出しても素粒子は見えないぞ。
もちろん、父さんの顔も素粒子でできているんだけど、虫めがねでは見えないぞ」

「見えるよ、見える」

「えっ?」

「父ちゃんの口もとにクリームがついているのがよく見える。食べたね、ケーキ」

「ははは、バレちゃったかあ」

 

※こちらの作品は、著作権保護の観点により文章のコピー、印刷行為を禁止しています。
ご利用になりたい場合は、こちらからお問い合わせください。